モヤシネマ

最新洋画、ときどき邦画

【無料あり】「アウトレイジ 最終章」のあらすじ・感想。まるで初期北野作品のような"滅び"の映画【ネタバレなし】

今回取り上げる映画は
「アウトレイジ最終章」

日本のヤクザ映画における
新たなスタンダードとなった
「アウトレイジ」シリーズの完結編です。

痛快暴力映画だった第1作から時を経て
初期北野作品のような滅びの美学を感じさせる
映画へと変貌を遂げましたが、
正直個人的には退屈な映画でした。

10点満点中4点

注意!以下「アウトレイジ」および「アウトレイジビヨンド」のネタバレを含みます

「アウトレイジ最終章」の予告編・あらすじ

www.youtube.com

関東の山王会を事実上吸収し、
日本最大の暴力組織となった「花菱会」。

だがその内部では、
前会長の娘婿である野村が新会長となり
幹部たちの不満が高まっていた。

一方その頃、元暴力団組長の大友は
旧知の仲である韓国人フィクサー・張を頼って
韓国のチェジュ島に移り住み、
現地の歓楽街で用心棒稼業についていた。

そこに客としてやってきた
花菱会系暴力団組長の花田がトラブルを起こす。
大友によってその場は収まるものの、
用心棒仲間の韓国人が
花田の手下によって殺されてしまう。

花田が張グループに手を出したと知った
花菱会若頭の西野、若頭補佐の中田は
張会長に詫びを入れに行くが相手にされない。

西野のことが気に入らない野村は、
この事件を利用して張と西野の対立を煽ろうとする。

花菱会の横暴に激怒した大友も日本に舞い戻り、
巨大暴力団と国際的フィクサー組織との抗争に
身を投じるのだった……

「アウトレイジ 最終章」の登場人物・キャスト

f:id:imo_jo_chu:20200125062935p:plain
(出典:YouTube)

・大友: ビートたけし
警察の手を逃れて韓国に身を隠していたが、
花菱会とのけじめをつけるため日本に入国する。

f:id:imo_jo_chu:20200125063024p:plain
(出典:YouTube)

【張グループ】
・張: 金田時男
日韓の両方に強い政治的影響を与えるフィクサー。
花菱会ですらおののくほどの権力を持つ。

・李: 白竜
張の側近。
前作「アウトレイジビヨンド」では、
大友とともに山王会前会長・加藤を葬り去った。

・市川: 大森南朋
大友を慕う、舎弟的存在。
花菱会との決着をつけようとする大友に付き従う。


f:id:imo_jo_chu:20200125063144p:plain
(出典:YouTube)
【花菱会】
・野村(会長): 大杉漣
前会長・布施の娘婿で、元証券マン。
金さえ稼げれば何でもありという考えで、周りからの評判は悪い。

・西野(若頭): 西田敏行
外からやってきて会長になった野村を露骨に嫌っている。
その行動が原因で、野村から命を狙われることになるが……

・中田(若頭補佐): 塩見三省
西野が厚い信頼を寄せる、側近的存在。
野村から西野の排除のために利用されそうになり……

・森島(会長付若頭補佐): 岸部一徳
常に野村に付き従っている男。
何を考えているかわからない不気味さがある。

・花田: ピエール瀧
麻薬密売で大きな利益を出している花田組の組長。
今作の抗争の原因を作った男で、性癖が非常に特殊。


f:id:imo_jo_chu:20200125063333p:plainf:id:imo_jo_chu:20200125063337p:plain
(出典:YouTube)
【山王会】
・白山(会長): 名高達男
・五味(若頭):光石研

花菱会の下部組織に成り下がった、
関東ヤクザのトップ2人。
どちらも肝心なところで気が弱くヤクザらしくない性格。

見どころ1: 初期北野作品のような"滅び"の映画!

アウトレイジシリーズをそれぞれ一言で表すなら、
「アウトレイジ」は"下剋上"、
「アウトレイジビヨンド」は"けじめ"の話でした。

そして「アウトレイジ最終章」は"滅び"です。

暴力の中でしか生きられない男・大友が、
張グループの敵をひとりずつ片付けながら
ゆっくりと終わりに向かって突き進む物語。

それはまるで、
「ソナチネ」や「HANA-BI」に代表される
初期北野作品を見ているかのようでもあります。


主人公が死に場所を探そうとしてるように見えるね


で、この"滅び"の雰囲気を
一応「見どころ」に上げましたけど、
正直あんまり受けつけない人もいると思います。

ぶっちゃけ、僕はあんまり受けつけてないです……

というのも、
「アウトレイジ」はそもそも
エンタメ感あふれる爽快な暴力映画だったので
"滅び"の雰囲気はあまり期待してなかったんですよ。

人によっては、
「アウトレイジ」よりエンタメが少なく
初期北野作品ほどアートでもない、
どっちつかずの作品と感じるかもしれません。

見どころ2: キタノ映画常連俳優も集結!大友最後の暴走に華を添える

豪華出演陣が常に話題となる「アウトレイジ」シリーズ。
今作ではついに、"キタノ映画といえば!"な役者さんが
満を持しての本格登板となります。

f:id:imo_jo_chu:20200125063735p:plain
(出典:YouTube)

その筆頭が大杉漣さんでしょう。
「ソナチネ」「HANA-BI」「監督・ばんざい!」といった
数々のキタノ映画に出演してきた彼が、
花菱の新会長として登場です。

惜しくも公開の翌年に亡くなったために
これが最後の北野作品出演となりましたが、
尊大で人望のない会長役を好演しています。

また岸部一徳さんの久々の登場も
ファンにとっては嬉しいですね。

「その男、凶暴につき」「座頭市」と、
得体のしれない悪役を演じてきた名優が
「アウトレイジ」でもその得体のしれなさを
存分に発揮してくれます。


キャストからも初期北野作品の雰囲気が感じられるね!

不満点: 俳優陣に元気がない

これは映画そのものとは直接関係がないんですが……
主要俳優陣の年齢や健康の影響で、
なんかみんな元気がないのが
気になるところです。

特に今作の重要人物である、
花菱会のトップ2人に元気がないんですよ。

f:id:imo_jo_chu:20200125063610p:plain
(出典:YouTube)

西野を演じる西田敏行さんは、
撮影直前に受けた頚椎の手術の影響で
首が全然回っていません(物理的に)。

さらに、中田役の塩見三省さんも
脳出血で倒れてリハビリをしながらの撮影だったため、
頬がやつれて正直痛々しい見た目です。

かたわらには常に杖が置かれたりしてて、
ちょっと見てていたたまれない感じ。

また主役のビートたけしさんも、
70歳をむかえて滑舌がかなり悪くなっており
衰えている様子は否定できません。

まぁ第1作の「アウトレイジ」から7年も経ってるので
俳優陣の年齢を考えるとしょうがないんですが……

かといって
加瀬亮さんが演じた経済ヤクザの石原や
中野英雄さんの演じた熱血漢の木村のような
若くて個性ある登場人物がいるわけでもなく、
どうしても映画全体が老いてしまった印象を受けます。


第1作のインパクトが強すぎたのかな〜とも思う。個人の感想ですが。

北野武監督映画については、
↓こちら↓の記事で全作品解説していますよ!
www.moyacinema.com
【無料あり】北野武監督の映画、全18作品おすすめランキングまとめ! - モヤシネマ

「アウトレイジ 最終章」を無料で見る方法

f:id:imo_jo_chu:20200125062346p:plain

残念ながら、2020年1月現在で
「アウトレイジ最終章」をはじめとする
北野武監督映画が見られる動画配信サービスはありません。

ですがゲオ宅配レンタルで「アウトレイジ最終章」のDVDを借りると、簡単に観ることができます。*1

DVDは自宅のポストに直接届き、返すときもポストに投函するだけなので楽ちんですね。

さらに「月額レンタルコース」を使えば、最初の30日間は無料でDVDが借りられます。
期間内に解約すればお金は一切かからないので、気軽に試してみてください。

*1:2020年1月現在。最新のレンタル状況は公式サイトでお確かめください。

プライバシーポリシー