モヤシネマ

最新洋画、ときどき邦画

黒澤明監督 全30作品おすすめランキング!

日本を代表する映画監督、黒澤明
日本国内にとどまらず、世界中の映画監督に影響を与えたことでも知られています。

88年の生涯の中で監督した映画は実に30本。
今回はその全てをランキング形式で紹介します。

記事の最後には、黒澤明のほぼ全作品を「無料」で観る方法もありますのでお楽しみに。
▶いますぐ知りたいひとはこちらをクリック

まずはランキング上位の半分、第15位からどうぞ〜!!

第15位「まあだだよ」

「まーあだかい!!」「まーだだよ!!」

黒澤明の遺作となった作品。
随筆家・内田百閒とその妻、彼の教え子たちとの交流をハートウォーミングに描きます。

終始、おっさんたちが飲み会をしているだけという、客観的に見るとよくこれで映画にまとまったよなと驚くべき作品です。
百閒先生の大学退官祝いに教え子たちと酒を飲み、
空襲で家を焼かれた後も教え子たちと酒を飲み、
毎年「まあだ会」と称した同窓会を開いて酒を飲む。
それがあんまりにも馬鹿馬鹿しくて楽しそうで、一杯やりながら観たくなってくる。

特に、所ジョージをキャスティングしたのはお見事!
彼がいるだけで飲み会シーンがぱーっと明るくなるんですよね。

ラストシーンの美しさは全ての黒澤映画で一番じゃないかな?

第14位「どですかでん」

「色つきの映画が撮れるぞ!」って喜びが伝わる一本

そこら中にゴミが山積みになっている貧民街、そこに暮らす人々の日常を描く群像劇です。
黒澤監督にとって初めてのカラー作品でもあります。

冒頭から監督独特の色彩感覚があふれ出してる映画です。
キラキラというよりギラギラなタイトルクレジット。
ゴミ溜めのはずなのに不思議と色鮮やかな世界。
ときおり挿入される、乞食親子が夢見る理想の家……。

筋書きらしい筋書きはないので、この不思議な色の世界を視覚的に楽しむのがよいと思います。
正直まったく受けつけない人もいると思いますが、個人的に好きなのでランキングに入れました。

第13位「虎の尾を踏む男たち」

エノケン大活躍の時代劇!

太平洋戦争の末期、1945年に制作された映画。
源義経と弁慶をモチーフにした歌舞伎「勧進帳」の映画化です。
上映時間が60分程度と短いので、黒澤明の入門編として気軽に観られますよ。

昭和を代表する喜劇スター、エノケンこと榎本健一の演技が際だってます!
さすがに今の感覚からは古い演技もあるものの、マンガのように表情を変え、身軽に飛び回る様子はそれだけで観てて楽しい。

弁慶役・大河内傳次郎のセリフがまじで聞き取れないのも見どころのひとつ。
日本語字幕推奨です。

第12位「隠し砦の三悪人」

サクッと気軽に楽しめる、娯楽時代劇の傑作!

シリアスからエンタメまで幅広い作品を撮っている黒澤監督。
でも個人的には2時間くらいの娯楽時代劇が一番おもしろいと思うんですよ。
なかでも今作は、テンポのよいストーリーに迫力の殺陣、笑いどころもたくさんありと、思いっきりエンタメに振り切った一本!

三船敏郎演じる侍・真壁六郎太、
ミステリアスな美貌を持つヒロイン・雪姫、
コメディ担当の凸凹コンビ、太平と又七など、魅力的なキャラクターが勢揃い。
60年も前の映画なのに、ぜんぜん古さを感じさせませんよ。

ジョージ・ルーカスがこの映画を元に着想した映画が、何を隠そうあの「スター・ウォーズ」
それぞれの登場人物が「スター・ウォーズ」のどのキャラに相当するのかを観察しながら観るのもまた一興です。

第11位「夢」

クロサワ映画の映像美を堪能するならこれだ!

8つの短編からなるオムニバス映画。画家志望だった黒澤監督の色彩感覚が爆発した一本で、さながら監督の個展に来たような感覚で観れます。

ストーリーらしいストーリーは無い話が多いものの、夢というだけあって細かいところは妙にリアルだったりする。
特に第6話「赤富士」での放射能の着色技術が開発されたので、見えないはずの放射能が色とりどりの霧となって襲ってくるという設定は、えらく不条理なんだけど筋が通っていて、そうそう夢の中ってこんな感じだよねと思わされる。

個人的にオススメなのは、夢の中でのゴッホとの出会いを描いた第5話「鴉」。
「アルルの跳ね橋」をはじめとする、数々のゴッホの絵画の中に主人公が入り込んでいく様子が見てて楽しく、麦畑からカラスの大群が飛び立っていくラストシーンはまさに鳥肌モノですぞ。

第10位「悪い奴ほどよく眠る」

骨太の社会派エンターテイメント!

汚職事件で父親を自殺に追い込まれた主人公・西が、父のかたきを次々とひどい目に遭わせていくというストーリー。

黒澤映画の代名詞でもある俳優、三船敏郎が髪をポマードでぴっちり整えて眼鏡をかけた異色の姿で登場します。
これがカッコいいんだよな〜!
胸板の厚い男はスーツ着ても似合うね。

西とその相棒、板倉がどんどん悪い奴を捕まえて痛めつけていくシーンは爽快そのものなんだけど……
これ以上は本編を見てください!
黒澤明映画の中でも最も衝撃的なラストが待ち受けていますぞ。

↓より詳しい感想はこちら↓
www.moyacinema.com


第9位「デルス・ウザーラ」

カピターーーン!!

シベリアを舞台に、現地の測量にやってきたロシア人将校・ウラジミールと、自然とともに暮らす狩人・デルスとの交流を描いたドラマ。

この映画の見どころは2つあって、まずはシベリアの大自然!
青々と茂る森に、荒涼とした氷原。ときにはそこを虎がのし歩いたり……と、もうスケールが全然違う。
そんないい素材を黒澤明が撮るんだから、絵にならないわけがないですよ。
ウラジミールとデルスがツンドラの中に取り残される場面がお気に入り。
一面寒々とした大地の中に、自然の美しさと厳しさの両面がありありと映し出されます。

もうひとつは、ぜんぜん主人公らしからぬ風貌のデルスをすんごく魅力的に描いているストーリー運びです。
デルス・ウザーラは、シベリアの森の中に住む少数民族(ゴリド族)の狩人。
はっきり言って、おっさんです。
全然イケメンじゃないし、背も小さいし、正しいロシア語もしゃべれない。

でも、森の中で一番カッコいいのは彼なんですよ!
サバイバル術を心得てるし、どんな獲物も一撃でしとめる凄腕のハンターだし。
最初に出てきたときは「へ? この人が主役?」って感じなのに、どんどんカッコよく(なんならかわいく)見えてきちゃうんですよね〜。

第8位「生きものの記録」

"怖いクロサワ"を観るならこれ。三船演じる老人の狂気に震えろ!

原爆の恐怖を扱った社会派ドラマ。
しかし、サスペンス・ホラー作品としても楽しんで鑑賞できる一本です。

当時30代の三船敏郎が、70歳の老人を見事に演じきってます。
世界中の国々が原子爆弾を所有していく恐怖から、次第に正気を失っていく様がひたすら怖い。
最初は「家族そろってブラジルに移住だ!」だったのがどんどんとエスカレートしていき、最後には……
黒澤映画の中でも特に背筋が凍る作品ですぞ。

「これだけ地球が核の恐怖にさらされているのに、まったく気にしていない我々のほうが狂っているのでは?」
という老人の訴えは、現代から観てもいまだに突き刺さるものがあります。

同じ原子爆弾を題材とした「八月の狂詩曲」に比べても全然説教くささがないし、黒澤の社会派ドラマの中ではこれが一番だと思うな。

第7位「赤ひげ」

黒澤ヒューマンドラマの大傑作。意外にアクションもあるよ!

3時間超えの超大作、しかもヒューマンドラマ!
それ絶対退屈だろーよと思って観はじめたらとんでもなく面白くて予想を裏切られました。

江戸時代、通称「赤ひげ」と呼ばれる医者が所長を務める小石川養生所。
そこにやってきた若い医者の成長を描く。
「赤ひげ」というタイトルではあるものの、実質的な主役は若き日の加山雄三が演じる若医者(今風に言えば医学生)・保本ですね。

保本は、いわば中央のエリートとして出世街道を歩んできた青年。
そんな彼が現場の医療の過酷さや、病気の背後にある貧困問題などに触れる中で一人前の医者になっていく様子が、けっして嫌みにならず描かれています。

連続殺人犯である謎の美女、こそ泥の常習犯である少年、幼い頃に売られ人間不信になってしまった少女……などなど、診療所に出入りする人々もそれぞれ印象的。
特に子役の演技が光っている映画です。

地味な話かな?と思いきや、三船敏郎が素手での大立ち回りをみせるアクションがあるなど動きのある場面が多く、ぜんぜん飽きないですよ!

第6位「乱」

壮大なスケールで送る一大時代劇絵巻……いや「絵巻物」だ!

黒澤明が最後に撮った時代劇。
シェイクスピアの戯曲「リア王」を題材に、戦国武将・一文字秀虎が家族に次々と裏切られ没落していく様子を描いています。

冒頭タイトルバックの夏空に湧き上がる入道雲、
青々とした丘の上に一騎だけ立つ騎馬武者、
実際に城を燃やして撮影した秀虎の発狂シーン、
部屋の壁にピシィィッに飛び散る鮮血、
一文字家の運命を象徴するかのように落ちていく夕陽……

とにかく「ふ、ふわあああ!きれい!!」と、昇天するほどうっとりしちゃうシーンの大盤振る舞い!

ストーリーはやや一本調子だったり、黒澤明の私小説的な要素が入ってきたりするのでイマイチという人はいるかもね。
でもいいんです、映画ってのは映像芸術なんだから!
絵が綺麗ならそれでいいんだ!!(乱暴)

「CASSHERN」が好きな人ならきっと気に入ります。


第30位〜15位

本編のランキングをいったんお休みして、ここからはランキング下位15本を一気に紹介します。順不同です。駆け足でどん!

「一番美しく」


戦時中のプロパガンダ映画だし、滅私奉公・長時間労働礼賛な内容なんで。

「白痴」


2時間40分もある。長ぇ!! 元々4時間超えで前後編に分ける予定だったのを無理矢理カットしたらしく、字幕の説明が延々続いたりして観るに堪えない……。

「生きる」


全体的に説教くさいし、主人公のしゃべりがあまりにもオドオドしすぎ。あと葬式のシーン長すぎじゃない?

「八月の狂詩曲」


バラの花を登っていく蟻、暴風雨の中をおばあちゃんが傘を持って歩いて行くラストシーンなど好きな場面は多い。でも説教くさいんだよなぁ。

「わが青春に悔いなし」


名家のお嬢さんが、学生運動に身を投じる中で没落していき、しまいには農村で陰湿ないじめに遭うという話。暗い! 暗いんだけど、ラスト30分のたたみかけで見せる主人公の表情が凜としてて素敵。

「姿三四郎」


黒澤明の第1回監督作品。柔道の場面にはSEも音楽も全然入ってないのに、画面の緊張感だけで観客をひきつけてしまうのがすごい。みどころはラストでの宿敵・檜垣源之助の対決と、マンガかよってほど長距離を投げ飛ばされる志村喬です。

「續・姿三四郎」


大ヒットした前作の続編。姿三四郎に敗れた檜垣源之助の復讐のため、彼にそっくりな弟・檜垣鉄心が三四郎の元へやってくる! 実質的な主役は檜垣兄弟を一人二役で演じた月形龍之介ですわ。

「どん底」


今にも崩れそうな長屋で暮らす江戸の貧民の暮らしを描く群像劇。なんとなく明るく描かれてはいるけど、誰ひとりとして幸せにはならない悲惨な話です。しかも劇中いっさい音楽が流れない……でも登場人物の口囃子(ボイパ!)は超かっこいいよ。

「素晴らしき日曜日」


貧乏カップルのデートを取り扱った異色作。かなり地味な作品だけど最終盤で度肝を抜くサプライズ演出が待っている。このためだけに観る価値あるかも。鑑賞はぜひ二人以上で!

「醜聞」


昨今の「文春砲」騒動をほうふつとさせる作品。70年前の映画なのに世の中ぜんぜん変わってないね。

「羅生門」


ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した名作。なんだけど個人的なオススメ度は低め。「藪の中」に解答編はいらんのでは? すみません完全に好みの問題です。

「野良犬」


拳銃盗難事件から始まる一連の顛末を描いた本格刑事ドラマ。一瞬で鳥肌が立つ「階段」のシーンが好き!

「静かなる決闘」


戦争中の医療事故で梅毒に冒された医者を主人公にしたヒューマンドラマ。さすがに現代から観ると感覚が古くて感情移入しにくいなぁ。

「酔いどれ天使」


黒澤と三船が最初にタッグを組んだ作品。三船演じるヤクザもかっこいいんだけど、この映画で医者を演じる志村喬もこれまた黒澤作品中トップレベルにかっこいいぞ。

「影武者」


合戦シーンが全然合戦してないし、ラストもあんまり好きな絵じゃないんだよね……。



ではランキングに戻って、ここからは上位5本の紹介です!!

第5位「用心棒」

日本刀 vs 拳銃! こいつぁ西部劇だ!

荒れ果てた宿場町に流れついた凄腕の浪人・桑畑三十郎が、町を二分する勢力争いに巻き込まれていく。
とにかく主人公のキャラ立ちが半端ねぇっす。
本名も出身地もわからず、誰の味方かもわからない。
刀の腕は一級品で、頭も相当キレる。
そんなキャラクター、ほかにも何人か思いつきませんか?
それ全部「用心棒」の影響ですからね。

ちょんまげ頭にスカーフを巻いて拳銃を携える、異色のヤクザを演じた仲代達矢の魅力も際だってます!
これはもう時代劇と西部劇のフュージョンといったほうが正確かもしれない。
既存の枠にとらわれない、黒澤明のチャレンジ精神がうかがえる一本です。

下っ端ヤクザたちもいちいちキャラクターが強烈なのもお気に入り。
大木槌を振り回す身長2メートル超えの大男とかね。

第4位「椿三十郎」

圧倒的な脚本力に映像美。これぞ黒澤映画!

「用心棒」の実質的な続編。
謎の凄腕浪人が、今度は藩の財政を牛耳る家老たちの汚職事件と、それを告発しようとする若侍たちとの衝突に巻き込まれます。
続編とはいえ、これ単体だけ観ても楽しめます。

チャンバラによる対決色が強かった「用心棒」に比べて、今作は策略を巡らせる頭脳戦が多いのも見どころです。
前作で西洋かぶれのヤクザを演じた仲代達矢が引き続き敵として登場。
家老の腹心で知略に長けた男・室戸を熱演しています。

「椿三十郎」は映像的な見どころがすんごく多い!
椿をモチーフにとある登場人物の運命を見事に表したシーンや、圧倒的に"速い"殺陣、あまりに有名なラストの対決場面など。
脚本の面白さはもちろん、完璧な構図とタイミングの絵で魅せてくれる、黒澤明の魅力が詰まった一本です。

第3位「天国と地獄」

鑑賞後もずーんと後を引く、サスペンス映画の傑作!

黒澤がメガホンを撮ったサスペンス映画といえばこれでしょう!
三船敏郎演じる「ナショナルシューズ」常務の子供が誘拐され、3000万円という法外な身代金が要求される。
しかし誘拐されたのは彼の運転手の子供だった。
それでも犯人は要求を取り下げない。
3000万円もの大金を払ったら自己破産は確実、彼が取った決断とは……。

狡猾な誘拐犯との駆け引き、緊迫の身代金受け渡し、そして誘拐犯を追い詰める警察の作戦。
サスペンス映画としての面白さはもちろん、なぜこの誘拐事件は起きたのか?
「天国」と「地獄」とは何を意味しており、それを産みだしてしまったものはいったい何か?
といった、黒澤ならではの問題提起も含まれている作品です。

黒澤映画では敵役として対決することが多かった三船敏郎と仲代達矢が、今作ではがっちりタッグを組んで誘拐犯に挑みます!

第2位「七人の侍」

説明不要の名作。あっという間の210分!

「七人の侍」は映画に詳しくなくても名前だけは知ってる人は多いですよね。
その上映時間の長さにウッとなるかもしれませんが、ぜひ半日潰す覚悟で一回観てほしい!
ほんとに面白い映画なら3時間半あっても全ッッ然気にならないってことを教えてくれる映画です。
むしろ3時間半もあるのに名作ってことは、その辺の2時間の映画よりだんぜん面白いってわけですから。

この映画が魅力的なのは、戦いのシーンにおける"すごみ"が全然違うからだと思いますよ。
野武士も死ぬけど、村人たちにも死人が出る。
もちろん侍たちも無傷じゃすまない。
村に墓標が増えるたびに「彼らはいま戦争をやってるんだ」と胸が痛くなる。

おまけに、リアリティを出すために演技経験が全然ないおばあちゃんを画面に登場させたり、あぶなく死人が出る寸前まで炎をガンガン燃やしたり、いまでは考えられないくらい極端な演出をこれでもかとやってます。

なにかと忙しい現代、3時間半も映画に費やすのは贅沢だとはわかってる。
わかってるけどみんな一生に一度は観てくれ〜い!

第1位「蜘蛛巣城」

「昔の映画ってすげ〜〜!」ってひっくり返ってくれ!!

戦国時代、森の中で謎の老女からお告げを受けた武将・鷲津武時の運命が、自分の権力欲もあいまって次第に狂っていくというお話。
シェイクスピアの戯曲「マクベス」が原作となっています。

「七人の侍」と迷いましたが、こっちの方が110分と短くてサクッと観れるし、なにしろ「1950年代の映画ってこんなにヤベぇのか」とすぐわかるので1位にしました!

この映画、どこを取っても隙がないんですよ。
白黒映画時代ならではのライティング技術を駆使した、不気味な演出。
特に、鷲津が殺した人物の亡霊が登場するシーンは必見!
今の映画じゃ絶対撮れないよこんなの。

老婆の謎の予言が、こちらの予想を上回る形で次々と実現していく様子も恐怖そのもの。
これはもちろん原作の良さがあるでしょうけど、それを映像で実現させる技術あってのことです。
特にラストの予言が的中する場面、これがまた怖いんだ。

そして忘れちゃいけないのが、三船敏郎に本物の矢を射かけさせて撮った曰くつきのラストシーンの迫力!
この恐ろしさは言葉だけで説明しても、全然伝わりませんからね。
今まさに人がひとり殺されようとしているって恐怖が目の前に現れる、この凄まじさはぜひその目で確認してほしい!

黒澤明作品を「無料」で観る方法!

f:id:imo_jo_chu:20180908075707p:plain

動画配信サイトのU-NEXTでは、黒澤明監督の没後20年を記念して、27作品が配信されています!*1
31日間のお試し体験に申し込むと、実質「無料」ですべて観放題です。*2
ほかにも約80000本もの動画が観放題で楽しめますよ。
手続きは5分もあれば終わるので、まずは登録してみてはいかがでしょうか。

【無料体験】黒澤明の映画をU-NEXTで観る

*1:2018年9月現在。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでお確かめください。

*2:31日間のお試し期間中に解約した場合。