MoyaCinema

ニュージーランド発の映画ブログ

【ネタバレなし】「ブレードランナー 2049」の感想。暗い、重たい、難しい!体調を整えてどうぞ

f:id:imo_jo_chu:20171017182136p:plain
(出典: 映画『ブレードランナー2049』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ)

話題沸騰のSF大作「ブレードランナー2049」を、日本に先駆けてニュージーランドで鑑賞してきました!

カルト的な人気を博した前作ブレードランナーの30年後を舞台とした続編です。「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリングを主演に迎え、前作と同じ役でハリソン・フォードが再登場することもあり、公開前から期待が高まっていますね。

以下、ネタバレなしであらすじと感想を書きます!

あらすじ

人間に代わる労働力として、レプリカントと呼ばれる人工生命体が広く利用されるようになった、2049年のロサンゼルス。市警察に勤めるK(ライアン・ゴズリング)は、人間に反逆した古いレプリカントを"引退"させる任務に就いていた。

ある日、Kが任務の途中で発見した"あるもの"が、人間社会を根底からゆるがす驚異であることが発覚し、Kは警察上層部から情報の秘匿と、あるレプリカントの"引退"を命じられる。捜査を進める中、Kはやがて、30年前にレプリカントとともに失踪した男・デッカード(ハリソン・フォード)にたどり着く……。

前作「ブレードランナー」のファンには絶対オススメ! それ以外の人には苦痛かも……

まずこの映画、前作「ブレードランナー」を鑑賞していることが前提となってます。ハリソン・フォード演じるデッカードの物語と、レプリカントに関する設定を理解していないと、物語についていくのがしんどいです。未見の人は必ず観ておいてください。

ここで皆さんにお聞きしましょう。前作の「ブレードランナー」好きですか? おもしろかったですか?

「はい!」と答えたあなた。「ブレードランナー 2049」はあなたのためにある映画です。四の五の言わずに、公開されたらすぐ映画館に足を運んでください。色のない、混沌としたネオンサインに彩られた近未来都市と、色のない荒涼とした世界があなたを待っています。デッカードとレイチェルの逃避行があの後どういった結末をむかえたのか、それがKの物語にどう繋がるのか。ぜひ劇場で確認していただきたい。

しかし、それ以外の方にとってはこの映画、苦痛だと思います。なにせ160分もありますから、作品世界に没頭できないと長くて仕方ない。極端なほど色彩を排した画面づくりもインパクトがありますが、裏を返せば「真っ白」「真っ黄色」「真っ赤」であって、単調とも言えます。特に、デッカードの隠れ家付近、ずっと夕焼けが続くようなオレンジ色の画面、あれは眠くなるわ。あとは本編中に頻繁に流れる「ブオーーーーーーン」っていう室外機みたいな音も眠気を誘ってきましたな……。

とにかくこの映画、話が重いんですよ。確かに興味深いテーマを扱ってはいます。「機械から受ける愛情は本物なのか虚構なのか」「本物の記憶と、埋め込まれた記憶は何が違うのか」など、今後どんどん現実とデータの境目がなくなっていくであろう現代を生きる我々にとって、避けて通れない命題が数多く仕掛けられています。その問いに一瞬で気づかされるストーリー構成は見事だし、鑑賞後ももやもやと考え続けたくなってしまう。観た人間にとって、否応なく価値観の再定義を求めてくるような、確かな影響力のある作品です。

ただし、ストーリーがめちゃくちゃ暗いし、スカッとする場面もあまりないから、観ててすっごく疲れますよ。「なんか話題だから、観に行くか!」とか軽い気持ちで観る作品ではぜんっぜんありません。メタメタに打ちのめされて劇場を後にすることになります。「これから難しい映画を観るぞ」という強い覚悟を持って、体調を万全にして鑑賞してください。

熱心なファンの皆さんには申し訳ないんですが、僕、この映画2回観に行って2回とも途中で睡魔に負けちゃってますから。1回目はあまり体調がよくないこともあってか3回くらい意識が飛んで、2回目はだいぶ持ちこたえたものの終盤で5分くらい寝てました。それほど食らいつくのが大変な映画ということで、ひとつ冴えた頭でどうぞ。眠気覚ましにコーラの一本くらい用意しといたほうがいいかもよ!

日本での公開は10月27日です!

www.bladerunner2049.jp