MoyaCinema

ニュージーランド発の映画ブログ

映画「ザ・ビッグ・シック (The Big Sick)」の感想。2017年でベストのラブコメディだ!

映画「ザ・ビッグ・シック (The Big Sick)」をニュージーランドで鑑賞してきました! パキスタン出身のコメディアンと、白人女性との実話を元にした映画です。「ここ10年で一番のラブコメディの傑作」などと前評判が非常に高かったこの作品。実際に鑑賞した…

映画「軍艦島」のネタバレあり感想。舞台が軍艦島でさえなければ普通に楽しめる映画だったのでは!?

韓国でこの夏公開され大ヒットを記録した映画「軍艦島」(英題「The Battleship Island」)。ニュージーランドで先日封切りになったので、映画館で鑑賞してきました。ネタバレありで感想書きます。長いです。 あらすじ 日本統治下の朝鮮・京城(ソウル)。ク…

「最強のふたり」の感想。"最強"と呼べるパートナーがいるのは幸せだ!

2011年のフランス映画「最強のふたり」を観た。最強のふたり (字幕版)発売日: 2013/11/26メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見るかつての事故で首から下が麻痺してしまった大富豪・フィリップと、彼の介護係として採用されたスラム街出身の若者・…

「日本のいちばん長い日」の感想。岡本喜八監督が阿南惟幾のセリフに託したメッセージとは?

昭和20年8月14日から15日にかけての、太平洋戦争における日本の敗戦が決まった1日を追った映画「日本のいちばん長い日」を観ました。1967年、岡本喜八監督がメガホンを取った作品です。日本のいちばん長い日 Blu-ray出版社/メーカー: 東宝発売日: 2017/11/03…

「ヴァレリアン」の感想。超精細に描かれた宇宙都市を3Dで楽しもう!

リュック・ベッソン監督の最新作「ヴァレリアン」(原題「Valerian: and the City of a Thousand Planets」)を、日本での公開に先駆けてニュージーランドで鑑賞してきました! あらすじ 舞台は28世紀の未来。「千の星々の都」と呼ばれる宇宙都市・アルファ…

「アトミック・ブロンド」の感想。鬼のように強いシャーリーズ・セロンを堪能せよ!

シャーリーズ・セロン主演の最新作映画「アトミック・ブロンド」を、日本での公開に先駆けてニュージーランドで鑑賞してきました!「マッドマックス 怒りのデスロード」でのフュリオサ役も記憶に新しいシャーリーズ・セロンですが、今回の役柄も鬼強です。最…

「海底47m」の感想。デートにおすすめの美女xサメ映画!

夏だ! 水着だ! サメ映画だ!ということで、サメがうようよいる海中に美女2人が閉じ込められる映画「海底47m」を、日本での公開に先駆けてニュージーランドで鑑賞してきました。ニュージーランドだと公開月の8月は真冬なんですけどね。南半球の辛いところで…

「ベイビー・ドライバー」の感想。音楽×クライムアクションの新感覚ムービー(※ただし前半だけ)!

エドガー・ライト監督の映画「ベイビー・ドライバー」を、一足先にニュージーランドで観てきました!7月28日現在、映画批評サイト・Rotten Tomatoes で満足度94%という驚異的な数字を叩き出しています。えーっと、ですが、先に謝っておきます。僕はあんまり…

「猿の惑星: 聖戦記」の感想。新3部作のラストにあるまじき完成度。どうしてこうなった!

SF

「猿の惑星」シリーズの最新作、「猿の惑星: 聖戦記」を日本での公開にさきがけてニュージーランドで観てきました!言わずと知れたSFの名作「猿の惑星」の前日譚を描く新三部作の完結編。率直に感想を述べるとひどすぎの一言です。前2作を観てなかったので「…

「ダンケルク」の感想。こだわりぬかれた"音"で戦場の恐怖を体感すべし!

SF

クリストファー・ノーラン監督の最新作「ダンケルク」を日本での公開にさきがけてニュージーランドで観てきました!「インセプション」では、都市の景観そのものをぐにゃりと曲げてみせ、「インターステラー」では次元と次元の狭間を描くなど、こちらの想像…

「スパイダーマン ホームカミング」の感想。悪役のおっちゃんに思わず肩入れ!

「スパイダーマン」シリーズの最新作となる映画「スパイダーマン ホームカミング」をニュージーランドで観てきました。ヒーロー映画を観たはずなのに、悪役のおっちゃんが超カッコイイという倒錯した感想を得ました。おじさま好きにはたまらない作品となって…

「ハンニバル」どこまでも優雅で残酷な悪夢

高名な精神科医にして猟奇連続殺人鬼であるハンニバル・レクター博士を主人公とする、「レクター三部作」。非常に好きな作品で、どれも最低5回ずつは観たが、一番好きな作品はと言われたら第2作「ハンニバル」を推したい。ハンニバル [Blu-ray]出版社/メーカ…

「ノロイ」人生最高で最悪の映画体験

世界で初めて公開された商業映画は、リュミエール兄弟の「ラ・シオタ駅への列車の到着」だとされている。スクリーンの奥から手前にやってくる蒸気機関車の映像を観て、観客は本物の列車がこちらにやってくると思い込み、叫び声を上げながら逃げ出したという…

「カンフー・パンダ」運と才能のある奴には勝てないって話?

おデブのパンダが大活躍するコメディー・アクション・アニメ。アニメならではの格闘シーンは相当おもしろいが、後述の通りラスボス戦がどうにも納得のいかない進行で、真剣に見てる人ほどがっかりするのではないか?カンフー・パンダ [Blu-ray]出版社/メーカ…

「銀河ヒッチハイクガイド」の感想。謎の感動が待ち受けるドタバタSFコメディの傑作!

小説やマンガが原作の映画は数あれど、映画版を観れば原作は読まなくていいってレベルのものはそんなにない。「銀河ヒッチハイクガイド」はその数少ない映像化の大成功例だと思う。銀河ヒッチハイク・ガイド [Blu-ray]出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー…

「ホーホケキョ となりの山田くん」の感想。何度観ても泣ける名作!過小評価されすぎてない?

この世の中でおそらく最も過小評価されているアニメ映画が「ホーホケキョ となりの山田くん」だと思う。ホーホケキョ となりの山田くん [DVD]出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメント発売日: 2000/11/17メディア: DVD購入: 2人 クリック:…

初心者にオススメしたい黒澤明監督の作品厳選5つ

日本が世界に誇る巨匠・黒澤明。映画に詳しくない人でも名前くらいは聞いたことがある人は多いでしょう。彼の作品が「スター・ウォーズ」をはじめとする数々のハリウッド映画に影響を与えたエピソードはあまりにも有名です。彼がメガホンを取った30作品の中…

マッドマックス三部作は「2」だけ観ればいい

唐突に思い立って「マッドマックス」旧三部作を一気観した。主演のメル・ギブソンがスター街道を突っ走るきっかけとなった作品ですね。最新作である「怒りのデス・ロード」だけはニュージーランドの劇場で観ました。マッドマックスが何かすらよくわかってい…

ジブリの「風立ちぬ」が好きだと言うと心の冷たさを白状しているようでつらい

※このエントリは内容のネタバレを含みますスタジオジブリの「風立ちぬ」を劇場で鑑賞した日のことを今でも覚えている。まだ僕が日本で社畜をやっていたときだ。風立ちぬ [DVD]出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社発売日: 2014/06/18メ…