MoyaCinema

ニュージーランド発の映画ブログ

映画「ザ・ビッグ・シック (The Big Sick)」の感想。2017年でベストのラブコメディだ!

映画「ザ・ビッグ・シック (The Big Sick)」をニュージーランドで鑑賞してきました! パキスタン出身のコメディアンと、白人女性との実話を元にした映画です。「ここ10年で一番のラブコメディの傑作」などと前評判が非常に高かったこの作品。実際に鑑賞した…

映画「軍艦島」のネタバレあり感想。舞台が軍艦島でさえなければ普通に楽しめる映画だったのでは!?

韓国でこの夏公開され大ヒットを記録した映画「軍艦島」(英題「The Battleship Island」)。ニュージーランドで先日封切りになったので、映画館で鑑賞してきました。ネタバレありで感想書きます。長いです。 あらすじ 日本統治下の朝鮮・京城(ソウル)。ク…

「最強のふたり」の感想。"最強"と呼べるパートナーがいるのは幸せだ!

2011年のフランス映画「最強のふたり」を観た。最強のふたり (字幕版)発売日: 2013/11/26メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見るかつての事故で首から下が麻痺してしまった大富豪・フィリップと、彼の介護係として採用されたスラム街出身の若者・…

「日本のいちばん長い日」の感想。岡本喜八監督が阿南惟幾のセリフに託したメッセージとは?

昭和20年8月14日から15日にかけての、太平洋戦争における日本の敗戦が決まった1日を追った映画「日本のいちばん長い日」を観ました。1967年、岡本喜八監督がメガホンを取った作品です。日本のいちばん長い日 Blu-ray出版社/メーカー: 東宝発売日: 2017/11/03…

「ヴァレリアン」の感想。超精細に描かれた宇宙都市を3Dで楽しもう!

リュック・ベッソン監督の最新作「ヴァレリアン」(原題「Valerian: and the City of a Thousand Planets」)を、日本での公開に先駆けてニュージーランドで鑑賞してきました! あらすじ 舞台は28世紀の未来。「千の星々の都」と呼ばれる宇宙都市・アルファ…

「アトミック・ブロンド」の感想。鬼のように強いシャーリーズ・セロンを堪能せよ!

シャーリーズ・セロン主演の最新作映画「アトミック・ブロンド」を、日本での公開に先駆けてニュージーランドで鑑賞してきました!「マッドマックス 怒りのデスロード」でのフュリオサ役も記憶に新しいシャーリーズ・セロンですが、今回の役柄も鬼強です。最…

「海底47m」の感想。デートにおすすめの美女xサメ映画!

夏だ! 水着だ! サメ映画だ!ということで、サメがうようよいる海中に美女2人が閉じ込められる映画「海底47m」を、日本での公開に先駆けてニュージーランドで鑑賞してきました。ニュージーランドだと公開月の8月は真冬なんですけどね。南半球の辛いところで…

「ベイビー・ドライバー」の感想。音楽×クライムアクションの新感覚ムービー(※ただし前半だけ)!

エドガー・ライト監督の映画「ベイビー・ドライバー」を、一足先にニュージーランドで観てきました!7月28日現在、映画批評サイト・Rotten Tomatoes で満足度94%という驚異的な数字を叩き出しています。えーっと、ですが、先に謝っておきます。僕はあんまり…

「猿の惑星: 聖戦記」の感想。新3部作のラストにあるまじき完成度。どうしてこうなった!

SF

「猿の惑星」シリーズの最新作、「猿の惑星: 聖戦記」を日本での公開にさきがけてニュージーランドで観てきました!言わずと知れたSFの名作「猿の惑星」の前日譚を描く新三部作の完結編。率直に感想を述べるとひどすぎの一言です。前2作を観てなかったので「…

「ダンケルク」の感想。こだわりぬかれた"音"で戦場の恐怖を体感すべし!

SF

クリストファー・ノーラン監督の最新作「ダンケルク」を日本での公開にさきがけてニュージーランドで観てきました!「インセプション」では、都市の景観そのものをぐにゃりと曲げてみせ、「インターステラー」では次元と次元の狭間を描くなど、こちらの想像…